FC2ブログ
自然のしずく(arigato's絵日記):日々感じる生き物たちの素晴らしさを この日記の中に表現できたらなと思っています


プロフィール

クワ型

  • Author:クワ型
  • ちっちゃいころから生き物にハマってぬけれません。
    たぶん一生ぬけれません。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マタニティ・ママ
う、うまれる~
マルクビツチハンミョウ

初産で
10000つ子は大変だよね。

マルクビツチハンミョウの産卵後

マルクビツチハンミョウ・ママ、
おつかれさま!

マルクビツチハンミョウの卵
こんにちは、赤ちゃん。


昆虫界でも無類の子だくさん母さん、ツチハンミョウ。
この仲間の雌は多いと10000個もの卵を産みます。
アンバランスに大きなお腹だけど
どうしてもたくさん産まなくてはならないから。

だって
生まれた子供たちは
自力で近くの花の上に登り、(花じゃなかったら×)
ハナバチがやって来るのを待ち、(ハナバチじゃなかったら×)
やってきたハナバチの脚や背中に飛び乗り、(乗れなかったら×)
ハナバチが巣に帰るまでしがみつき、(途中で落ちちゃったら×)
ハチの巣部屋に潜り込み、(餌にありつけなかったら×)
ハチに見つからずに大きくなり。(バレたら×)
全部うまくいってやっとこさ、大人になれる、

そんな、気の遠くなるような確率の低い旅にでかけるのです。
そりゃあ10000個にもなるわけです。
このお母さんもそんな長旅を生き抜いてきたツワモノなのですね。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

☆コエダさん

たぶんそれほど確実にハナバチを見分けられていないと思います。
ふつうはハチが好む花で待ってる以上のことはできないのではと。
悲しいですが、間違った乗り物に乗ってしまい、死に絶えてしまう子もたくさんいると思います。

でも。
中には乗りたいハナバチの雌の匂いに似たフェロモンを出して雄を誘惑し、
正しい乗り物を引き寄せる種類もいるんです★
「見分けられなくても好みの相手が勝手に向こうがやってきてくれる戦法」です!

【2007/12/07 12:16】 URL | クワ型 #- [ 編集]


大変だ~!赤ちゃん達の幸運を祈ります。
このハンミョウママも、ものすごくラッキーだったんですね。

まちがえて他の蜂にくっついてしまう子もいるのでしょうか?
それとも、ハナバチをきちんと見分けるのでしょうか?
不思議です。

【2007/12/06 14:04】 URL | コエダ #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。