自然のしずく(arigato's絵日記):日々感じる生き物たちの素晴らしさを この日記の中に表現できたらなと思っています


プロフィール

クワ型

  • Author:クワ型
  • ちっちゃいころから生き物にハマってぬけれません。
    たぶん一生ぬけれません。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


揺りかごの中のお母さんたち
保育器の中で
ムネアカオオアリ
お母さんは
20匹の娘を育てます。

ムネアカオオアリが
順調に子育てしてます。
産卵から孵化まで約20日。
孵化から蛹まで約10日。
あっという間に最初のムスメアリが生まれてきそうです☆


スポンサーサイト

純ブライド
誓いのキスを☆
ヤエヤマサソリ
ごちそう越しに★

ずっとペアでいるから雄と雌の夫婦だと思っているのですが
違うのかな?
web上で情報検索すると
単為生殖では?と。


結婚披露宴でのケーキの「あーん♪」には
名前も意味もあるのですね!
「ファーストバイト」
新郎から新婦への一口は「一生食べさせてあげる」、
新婦から新郎への一口は「一生おいしいものを作ってあげる」

このヤエヤマサソリの夫婦?も
しっかりファーストバイトしましたし、
きっと幸せな家庭を築くことでしょう。

新郎がご馳走ごと食べられてしまっていませんように。

----------------------------------------------
追記:
ヤエヤマサソリのうち少なくとも八重山諸島の個体群は
単為生殖であることが研究されていました。
紛らわしい記事になってしまいすみません。
詳しくはこちらの記事でお伝えします。

ワタ飴サンドイッチ・ブルーハワイ味
上も雲、
中層雲と下層雲
下も雲

上も下も綿飴に包まれて
ブルーハワイのシロップの中を泳ぐ気分を味わって。


中層にできる高層雲と下層にできる層積雲の隙間。
地上から見上げる、太陽を覆い隠す梅雨の雲はあまり好きではないけど
空から見下ろす、辺り一面のふんわりとした絨毯雲は好き。

見てる角度が違うだけなのにな~。
梅雨ですね~。



鬼の目にも涙
大きな牙を持つ八つ目の鬼にも
大粒の涙がふたつ。
アシナガグモ雄
アシナガグモの雄の顔。
小顔に比べて実に特大の上顎を持っていて
恐ろしい顔つきなのに、
いなかっぺ大将が流すような大粒涙も2つ。
普段は無慈悲に蟲どもを襲って食べてしまう鬼でも
涙もろいときもあるんですね。


写真がボケてしまっていて申し訳ありませんが
牙の先に見える丸い涙のような粒は雄のクモの証拠。
クモのオスは腹に生殖器を持っていますが
突起物がないので
そのまま交接することができません。
そのため自分の精子をいったん糸の上に出して、
それを触肢の先の丸い器官(生殖球)の中に吸い取るんです。
交接のときにはこの器官を使って雌に送ります。
出して吸って出して。
涙ぐましい努力・・・

タイムくんとタイムスリップ
数千年前、いや、数百年前でも充分かも。
ヒロベソカタマイマイ
この島は楽園だったのかな。


もう先月の事になってしまいましたが
小笠原へ出かけてきました。
南島の海岸の浜には絶滅した大きなカタツムリ、
ヒロベソカタマイマイの半化石が無数に広がっています。

辺り一面を化石に囲まれて
ついつい太古の自然を想像しちゃいます


あなたもえくぼ
イチゴのような無数の点刻が
ホホジロアシナガゾウムシ
赤から黒へのグラデーションが

頬っぺたの白いチークが

お洒落ですよ。

ネイルの手入れも欠かさないのですね♪


爪の手入れをするホホジロアシナガゾウムシ。
体長8mmの中に刻まれる繊細な彫刻や色彩に
とても魅力を感じます。


飲み会で。
普段はポーカーフェイスな2人が
ウソをつくとえくぼスマイルになる。
あなたのほっぺたはウソ発見器♪

アリがとうの気持ち
しまった!
アリが逃げてる!!
アリ行列(偽)

なんてね。

ゴムでできたアリです。
ゴムアリ

アリをプレゼントしたお礼にもらった、
10匹のアリ。
ありがとうの気持ちにアリが10。(゜▽゜*)
アリが10をありがとう♪


なんと!
そろそろここへ訪問してくださった方の足跡が10000人に!
もしよかったら10000人目の方へ
私からアリがとうの気持ちのプレゼント、
贈らせてください♪

少年の心
手のひらいっぱいに大きなイモムシ!
小田原のカブトムシ幼虫
少年のころの自分に戻る瞬間。

今はもう、てのひらいっぱい、とはいかない。
自分の手も大きくなったんだなと思いながら
昔の感動を思い返す。

でっかい立派な角をはやしてやろう。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。