自然のしずく(arigato's絵日記):日々感じる生き物たちの素晴らしさを この日記の中に表現できたらなと思っています


プロフィール

クワ型

  • Author:クワ型
  • ちっちゃいころから生き物にハマってぬけれません。
    たぶん一生ぬけれません。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マトリックス
あの映画の
緑の文字が流れるように

アリは
列をなして
トビイロシワアリ

上下に流れていく


光の方向を感知して見事に精巧な
トンネルの列を掘りました。
暗い土の中でも
光を当てに動いているのか?
実に興味深い結果です。

また新たな実験を試みようと思います
スポンサーサイト

火事
燃える朝
ササと朝日

頭のてっぺんから足の先まで日光消毒。

ひさしぶりに日の出より早く起きれました。
毎日こんな朝日と出会えたら、
1日を清々しく過ごせそう。

早起きは三文の徳。


---お詫び---
いつも見ていただいているみなさま、
特にこの1ヶ月の間にコメントをくださっていたみなさま、
本当に申し訳ありません。
なにかの不具合で皆様のコメントが見れていませんでした。
まだ何が原因か特定できないのですが
設定がリフレッシュされることを期待して
ブログのテンプレートを変換してみています。
何かとご迷惑をおかけしてしまうかと思いますが
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m

Yes, I LOVE
I LOVE BUGS
エントランス


ドアを開けるとたくさんのムシがお出迎え。
ぼくにとっては至福の瞬間。

虫がニガテな方にはショックな瞬間なのだから
抑えなきゃと思いつつも
虫グッズ増殖の一方。

きのうは
新しく見つけてきた虫インテリアを飾っていたら
先生に呆れられました・・・

ど、どうか見捨てないでください。。。

こっちむいてホイ
じゃんけんぽん
アメバチ1
あっちむいて

ほい
アメバチ3

あっちむいて

ほい
アメバチ2


アメバチの顔写真を撮ろうと思ったのですが
なかなかカメラ目線になってもらえなくて苦労しました。
きっと刺されないだろうと思ったので
(いや、数年前、そのふわふわした飛翔の仕方と体の細さから
ぼくがガガンボと勘違いしてしまったせいで
それを触った人が刺された事もありましたが。。。(dodo君ゴメン★))
部屋の中に放して
彼女が舞い降りたところに行ってはこっち向いてホイ状態でした。

ハチが飛ばないように慎重に近づかなければならない緊張感と
ハチが故意に放たれたことを周りの人に気づかれずにいられるだろうかという緊張感との相乗効果があったのか
なかなか気配を殺せなくてハチも落ち着かなくて苦労しました。

でも無事に終わってひとあんしん。



しずくの中には
葉っぱの上の白いしずく
ホソヒラタアブ蛹

しずくの中から出てきて
ホソヒラタアブ
花のしずくにありつく

白いしずくはホソヒラタアブの蛹。
水滴のような物体なのによく見ると心臓が動いているのも見えて。
滴のひとつぶを先輩から預かり
ためしにカゴに入れておいていると
やっぱりアブになりました。
「滴」の形と羽化した成虫の形があまりにも違うので
どうやってこの中に折りたたまれているものなのか興味が湧きます。


ウォーリーをさがせ
アタマは隠れたけれど
アメイロアリ
お腹の赤の縞模様が目立ってしまってるよ。

皆に隠れて何かをつまみ食いしたんじゃない?

中央で頭隠して尻隠さずの赤いお尻のアリは
アメイロアリの生まれたての子。
黒い色素がその外骨格の鎧にはまだ沈着していないので
腹の中の色がまる見え。
でも何の色なのでしょう?
青いアントクアリウムの中で育ててたのですが。

恋うヨウ
オオモミジ
紅葉
だったり


黄葉
だったり
イチョウ


紅陽 
横浜町の夕焼け
だったり。

秋の深まりを
   感じます






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。