自然のしずく(arigato's絵日記):日々感じる生き物たちの素晴らしさを この日記の中に表現できたらなと思っています


プロフィール

クワ型

  • Author:クワ型
  • ちっちゃいころから生き物にハマってぬけれません。
    たぶん一生ぬけれません。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


がけっぷちだよ、そこは。
君たちに夢中になっているうちに
自分のことを忘れていたよ・・・
ベニヘリテントウ

崖っぷちにいたのは
君たちじゃなくて
ヤナギイネゾウモドキ

僕だったんだね
トビハムシsp


カナシイことに
デジカメを落として壊してしまいました。
木の上の虫を葉っぱごと引き寄せるためにカメラをカバンの上にちょこんと置いたまま夢中になっているうちに・・・・
完全な僕の不注意。。。
何度も危険な目に合わせながら3年間寝食を共にしてきたCanon PowerShot A70。
修理をするか、引退するか、悩み中です。
友人にはFujiFilmのs9000を薦められ中。
どうしよぅ。
スポンサーサイト

新紅の季節
春は新緑

ばかりじゃなく

新紅の季節でもあるかな

葉っぱにも
春紅葉

小池にも
金魚池

草っ原にも
ナナホシテントウ

春の紅の滴が垂れています。


庭のモミジが春の紅葉。
春に赤くなる葉では、「アントシアニン」という物質が生成されます。
これは秋の紅葉に関わる物質と同じですが、
ここではクロロフィルができる前の新しい葉の細胞が紫外線によるダメージを受けないように、
突然の冷え込みによって葉が凍ってしまわないように、
若葉を守る性質があるようです。

命を守るあたたかさの「赤」ですね。

冬を越した金魚の池には黒つぶの新しい命。
たくさんのおたまじゃくしがちょろちょろしてて。

恋の季節のナナホシテントウには
ハートの形の黒つぶ模様がやさしくて。

大きな葛篭と小さなつづら、あなたはどっち?
お土産に葛篭を差し上げましょう。
大きいつづらと、小さいつづらがありますが
お好きな方をお持ち帰りください。
オガサワラオオアリ
ありがとう。
もちろん、大きな方をいただきます♪


オガサワラオオアリの蛹の大きさにタイプが2つあることに気づきました。
ワーカーのサイズ変異なのか、はたまた繁殖虫が出現するのか。
とても楽しみになってきました!


先輩の結婚式のビンゴゲームに当たって賞品と交換するとき、
迷わず1番大きなツヅラを選びました。
舌切りすずめの教訓を生かしていませんでしたが
生かさなくて正解☆
バランスボール、僕にとってはぴったりの賞品でした!
愛用させていただいてます♪

自慢の大根足
清水宏保よりも太く。
モモブトカミキリモドキ

加藤条治よりもたくましく。
モモブトカミキリモドキ


モモブトカミキリモドキの極端に太い腿は
ジャンプで外敵から瞬間的に逃げるために発達したのでしょうか。

それともその太い腿で結婚相手をしっかり抱きしめるために
発達したのでしょうか。

もう少しよく観察してこればよかったぁ。
雄の腿だけが発達していることからすると後者の説が有力か。
太い方がモテる世界がうらやましい。

腿と尻が太りすぎてズボンが次々とKOされていく今日この頃。。。




美白
美白成分配合のご飯を毎日食べさせてもらえればムネアカオオアリ

ほらこの通り。
ムネアカ羽化
美白アリの出来上がり♪

・・・あやしいテレビショッピング並みの詐欺っぷり。

今春にすくすくと育った子どもたちが羽化し始めました。
羽化したてはカラダが柔らかく白っぽくてなよなよしてますが
時間が経つとともに黒光りする硬質ボディにレベルアップします。


Wcupはここで応援したいね
ドイツワールドカップまであと1ヶ月。
世界のサッカー熱が高まってくる今日この頃、

ぼくもちょっとこの競技場に行きたくなりました!
アリアンツアリーナ


その名も
アリアンツとは
アリアンツアリーナ!!

2重に蟻の名前を取り入れるとは。
なかなかやりますな!
トビイロケアリ


追記:
幾霜君からご指摘。
アリアンツ・アリーナは2重じゃなくて3重に蟻を取り入れてるやないか!
アリマニア失格やな。

ほんとだ、
蟻ants蟻ーな。
すげぇ!!

たんぽぽかくれんぼ
かくれんぼするもの寄っといで♪
タンポポ畑



もういいかい?
クロアオカミキリモドキ
まーだだよ♪

もーいいかい?
コハナバチ吸蜜
おいしいよ♪

もーいいかい?
蝗
もーいいよ。

クロアオカミキリモドキはん、見っけ!
クロアオカミキリモドキ
ちっ!!ザンネン!!
けっこう自信あったんだけどな。


春の野原、タンポポ畑で繰り広げられる大かくれんぼ大会。
そっと花をのぞいてみるとたっくさんの虫たちに出会えます。
とてもにぎやかなパーティ会場のようで
ぼくも虫たちに混じってとても楽しみました☆

セイヨウタンポポの大勢に混じって日本のタンポポもがんばっていました。
カントウタンポポ
花の裏の外総包片がそり返ってるかどうかで見分けます。
(写真では分かりにくくてすみません…)
ちょっと華奢なイメージのある日本のタンポポ、
負けずにがんばってる姿を見つけられると、うれしくなります♪




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。