自然のしずく(arigato's絵日記):日々感じる生き物たちの素晴らしさを この日記の中に表現できたらなと思っています


プロフィール

クワ型

  • Author:クワ型
  • ちっちゃいころから生き物にハマってぬけれません。
    たぶん一生ぬけれません。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


キャッチ ア ウェーブ
もう、夏を待ちきれない
ムネアカオオアリ
フライングした大波が最高の夏を連れてくる☆


活動活発なムネアカオオアリのコロニー、
最近は建造物を作っています。
ゲルを掘り出しては積み上げ、掘り出しては積み上げ。

耐震構造に問題があるような気がするのですが。。。
雪崩を起こさないようにネ!


スポンサーサイト

貝のなる木
たわわに実った貝の果実。
ヤドカリの木

あしたはどんな形の何色がいくつ実るかな。

枯れ木にせっせと貝の実を実らせてくれてるのは
オカヤドカリ。
なぜか高いところにとまってじっとしてるのが好きなんですね☆
1匹が降りても入れ替わりたち代わり登ってくるんです。
高所大好き症ですね


最近、ウチの庭から道路へはみ出た枯れススキを刈りました。
家がちょっとした崖の上に立っているのでちょとたいへん。
友人に持ってもらうロープを命綱にフェンスの外側で作業したのですが
意外に足がすくむ。
意外に腰がひけてる。。
意外に両手離しができない。。。

自分の高所恐怖症さに気づきました。
バンジーとかスカイダイビングをやってみたいと思っていたのはマボロシ?

守るべきもの
よわいものを守る
オガサワラオオアリ

簡単なようで難しいこと。


オガサワラオオアリの家族に蛹が現れ始めました。
すくすくと妹たちが育っています。
さっそく撮影しようと家のトビラを開けると
蛹の周囲に働きアリが集まりガードし始めました。
しかも大きめのやつらがよってたかって。
小型のワーカーは小さな幼虫を咥えて巣の中央へ運びます。

動けないもの、弱いものを守る堅実なルールは
社会を発達させます。

危険な同棲
せまいけど
ここでよければ
ご自由にお使いくださいね
キアシナガバチ


ふつつかものですが
どうぞよろしくおねがいします。


今年のハチはキアシナガバチでした。

毎年春になるとなぜかうちの部屋にハチがいます。
築40年の家だからどこかしら穴が空いていて迷い込んでくるのでしょうか。
それにしても一見どこにも穴が発見できないので
ある日突然大きなハチがぶんぶんしてると
びっくらこきます。

でもいったん気づいてしまえばある程度はほほ笑ましく見守れます。たぶん。
(といいながらあんまり写真は寄ることができてませんが・・・)
今回ははじめて発見してからもう3週間くらい。
長くなるほど愛着が湧いてくるので
もうちょっと同棲して家の中に巣を作ってもらってみようか、
広い外の世界に返してあげようか
迷うところです♪


恋愛渋滞
タダイマ 満室デス。
停止線ニテ シバラク オ待チクダサイ。
アメンボ


春になったら真っ先に恋の季節。
水面上のダブルデート。

元気な赤ちゃんを産んでね☆


このごろプールに行き始めました。
カラダがなまりすぎていて、なにかスポーツがしたくて。
今日はなんとか1km達成。
あぁ、アメンボのようにスイスイ泳ぎたい。

春を感じたの?
春だね

あなを掘る季節だね
ムネアカオオアリ


たまごを産む季節だね
クロオオアリ


子育てのきせつだね
ムネアカオオアリ


冬の間じっとして動かなかったアリたちがいっせいに騒がしくなってきました。
冬の間も暖かい場所で飼っていたのですが、そのような場所でも季節のうつろいを感じていたとは驚きです。
穴を掘ったことのなかったコロニーが竪穴を掘り始めました。
2年間子どもを産まなかったクロオオアリが卵を3つ産みました。
一番育っているコロニーでは山盛りに幼虫が盛ってあります。
餌をあげたところ、繭を作って蛹になろうとしていた幼虫をわざわざ繭から取り出しました。
餌の存在によってもっと大きく育てられるとの判断だったのでしょうか?
なんと強引な、なんと思いやりのある行動でしょう。

しまった!
しまった!
ヒメアリ

島った!
トビイロケアリ

縞った!
オガサワラオオアリ


アリが集合。
集合すること自体が家族内の匂いの均一化を促すので
家族の絆を強めるのにひと役かってます。
それぞれの家族にはそれぞれ特有の匂い。
遺伝的にだけじゃなく環境からも影響を受ける固有の匂い。
その匂いはアリの巣仲間認識の重要な手段。

そういや、人間もそれぞれの家に特有の匂いがあった気がする。
小さいころ、近所に回覧版を置きに行くときとか、よく感じてた。
特に年配の方が住んでいらっしゃるお宅は個性が強かったような。
アリ並みに「利き家族」とかできそう。



自然のしずく
小さなちいさなしずく

春の色を映して
梅

春の香りをつつんで
ビオラ

春の味をふくませて
美おら

春の滴りは
つめたい大地をあたためる

お、
クロヤマアリ

冬眠から目が覚めたんだね
今年もよろしく。

庭の梅がきれいに咲いてます。
花壇に植えたばかりの春の花が雨粒を受けてすくすく育ってます。
このブログを始めてもう1年。
みなさまのあたたかいコメントの数々、
本当にありがとうございました。
春のしずくのように
これからも様々な自然の姿を映し出していければと思います。
どうぞよろしくお願いします!



花咲けじじい
枯れ木に花を咲かせましょう
これから

かれきにはなをさかせましょう
フラクタルツリー

綻べ!ほころべ!
蕾

ほころんだ!
染井吉野
これから どんどん 春があふれるね。

サクラゼンセンホクジョウチュウ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。