自然のしずく(arigato's絵日記):日々感じる生き物たちの素晴らしさを この日記の中に表現できたらなと思っています


プロフィール

クワ型

  • Author:クワ型
  • ちっちゃいころから生き物にハマってぬけれません。
    たぶん一生ぬけれません。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


胃の中の蛙
井の中の蛙

タコの中のオガサワラヤモリ
オガサワラヤモリ

タコの中のオガサワラコバネコロギス
オガサワラコバネコロギス

タコの上のタンコブ
オガサワラゴマフカミキリ

この季節にも、
隠れ家をのぞいてみると、
生き物パラダイスは健在。

タコノキに暮らす隙間生物をクローズアップした展覧会をしましょう、
と言ったのはいつの日か。
撮りためてますよ。いつかしましょう。


胃の中の蛙が出てきてしまいそうな、相当な冷や汗をかきました。
いつの間にか守りにな入ってるな、と気づかされることの多い日々です。
井の中の蛙にならず、
今までに経験したことのない世界に跳びこんでいかないと。
スポンサーサイト

たがため・たがめ
オオカマキリ

食うた目。

ウスイロコノマチョウ

食われるた目。


ウスイロコノマチョウの目。のような紋。
鳥たちの目をだまして、このあたりをアタマだと思わせて狙わせて、
大事な本当の頭が狙われないようにするための模様なのだとか。
実際に翅が嘴型にちぎれているものをよく見かけます。
一方、フクロウチョウみたいに巨大な目のような紋を持っているチョウたちは
捕食者である蛇なんかの目のように見せて鳥たちを驚かせて
寄せつけないための模様なのだとか。

見るためだけじゃないのだね、
「目」のつかいかた。


すきすぎのきず
アカカミアリ
フルーツが好き

アカカミアリ
ニクも好き

アカカミアリ
コメも好き

アカカミアリ
アリも好き

全部好き。



全部を好きなことで失ってるものが
あるような気がするんだけど。

ねえ。
ねえ。

ノヤギ

めえ。

ノヤギに会うとよく鳴きマネをしてみるのですが、
振り返ってじっと見てる彼らはどう思っているのでしょうね。
ハシナガウグイスやメグロが周りにいるときも鳴きマネしてみるのですが、
しばらく張り合ってくれます。
「お前なんかよりワタシのほうがうまいんだ!」
と言ってるのでしょうか。たのしいです。
最近はムニンエンマコオロギの鳴きマネも練習しているのですが、
まだ実践していません。
動物門を越えて、求愛競争に勝ってやろう、という意気込みです。

パッチテスト。
好きなものは全身で感じる。

アカカミアリ

腕の間に挟むと、チクっとして、5分ほど5mmほどのポッチができてジンジン。
でもそのあとはおさまる。

外国からやってきた毒アリとして問題になっているアカカミアリ。
意外に痛くなかったのが困ったところです。

でも症状は人によるようで、
10cmほどの腫れが数日続いて、最終的に膿んでる人もいましたので、

よい子はマネしないでください。。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。